ホーム » カレンダーとキン肉マン

カレンダーとキン肉マン

なぜ私は月曜始まりのカレンダーでなければいけなくなったのか。

まず小学生の頃は月曜日から土曜日まで学校へ通った。

私の頃はまだ週休二日制が導入される前だったので、土曜日まで学校があった。

そして日曜日には友達と思いっきり遊び、また月曜日から学校へ行った。

中学生になり週休二日制が始まり土日が休みになった。

週末はいつも部活に明け暮れていた。

そして高校も同じように月曜日から金曜日まで通い、学校帰りにはバイトを始めた。

稼げる週末は朝から入ったりもした。

そして社会人になり、働き始めたのは平日休みの仕事だった。

それを始めてからは、週末休みの仕事が羨ましかった。

みんな休みの日に忙しく、逆にみんな一生懸命働いているときに優雅に買い物をしたりお茶をしているのが少し優越感だったりもした。

それから逆転し、週末休みの仕事にも就いた。

その後、主婦になり平日は旦那のお弁当を作り、週末はお休みと言うカレンダー通りの生活を過ごすようになった。

そこの何がそうさせたのだろうか。

振り返ってみてもまだわからない。

つまり、特に理由はないと言うことなのではないか。

小学校で一週間は「月、火、水、木、金、土、日」と習った。

英語の授業で一週間を習ったとき、「Sunday、Monday、 Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday、Saturday」とその覚えた。

キン肉マンの歌では「月!火!水!木!キン肉マン!! 金!土!日!は遊びたい ヤッホー!!」と歌った。

だから、子供の頃から私たちには月曜始まりと日曜始まりの2つが存在していて、大人になって行くうちに、自分の都合のいい方のカレンダーを選ぶようになったのではないか。

私の場合、平日は学校へ行く日、働く日、週末はのんびり休む日、お出かけできる日と、週末を楽しみに心待ちにしていたので、週末と言う括りから月曜日から仕事に行く日を分けて考え、月曜日が週の始まりだと思うようになったのではないか。

これには賛否両論で、何が正解なのかはわかっていない。

あくまで、私の考えである。

もしかしたら毎週火曜日がお休みだから、水曜日から始まるカレンダーがいいと言う人がいるかもしれない。

だからカレンダーで何を選ぶかは人それぞれなのだ。

あなたはどっちのカレンダーが好みだろうか?


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*