ホーム » カレンダーの謎

カレンダーの謎

以前から思っていた。

カレンダーをよく見ていると気づくことがある。

カレンダーに書いてある、「大安」とか「先勝」とかって何なんだろう。

今年飾っている我が家のカレンダーにも書いてある。

書いていないものもあるが、大体今まで飾ってきたものには書いてあった気がする。

そもそも読み方も危うい。

そのまま読んでいいのだろうか。

それとも独特の読み方があるのだろうか。

特に昔からの言葉は、難しく読むことが多い。

漢字はなんとなく、字のイメージからすると、良いことと良くないことのどちらもあるように感じる。

それに、カレンダーには同じ流れで繰り返されていて、周期があるようだ。

これには必ず意味があるはず。

私も結構いい大人になった。

そう言う常識を知っておきたい。

いざと言うとき役に立つよう、スマートな女性でいたい。

今までは疑問に思うことはあったがそう気にも留めず、なんとなくスルーしてきた。

しかし、いい機会だ、ここで少し大人の階段を登ってみようと思った。

皆さんはこのカレンダーに書かれてある言葉の意味をご存知だろうか。

よく聞くのが、結婚式は仏滅に行わず、なるべく大安に行うと良い。

いつか聞いたことがある。
それに、芸能人でわざと日取り的に人気のない仏滅を選び、式代を安く済ませたと言う話を聞いたことがある。

それほど避けられているもののようだが、気にしない人がいるのも確かなようだ。

それに引っ越しや家を建てる日には大安がよく、仏滅はよくない。

お葬式は友引の日には行ってはいけないなどと言うのは聞いたことがある。

なぜ?と聞いてみたことがあるが、そう納得行くような答えは返って来なかった。

だから今でも疑問に思っているのだろう。

そう言う行事ごとを開いたことがある人は、それに係わる詳しいことを知っているのだろうが、きっと知らない人の方が多いのではないか。

特にあまり耳にしない先負や赤口は知らないのではないか。

このカレンダーの謎について、少し調べてみたいと思った。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*