ホーム » 卓上のカレンダー

卓上のカレンダー

カレンダーには、壁掛けのデザインの他に、卓上のデザインもある。

壁掛けのタイプが主であるが、卓上タイプのものも豊富なデザインが揃う。

我が家でも、リビングのテレビの隣に置いて使っているが、ふとした時に見ることができるので便利である。

また、リビングだけではなく、書斎のデスクの上に置いても、仕事をしながらスケジュールを確認できるのでとても便利だ。

シンプルなものから日めくりのもの、昔ながらの月のボタンを押すとその月が勝手にはぐられるものまでいろいろなタイプがある。

また、最近ではインターネットでダウンロードすることもできるので、好きなデザインを検索して印刷するのもいいだろう。

わざわざ買いに行く手間も省け、更にはシールを貼ったりカラーを変えたり、自分流にカスタマイズすることもできる。

そうすれば個性的でかつ自分に合ったものが作れるので、愛着も一入だ。

世界に一つしかないものが作れて楽しいだろう。

私の家にあるカレンダーは、近くのお店で購入したものだが、卓上タイプのカレンダーと言っても様々なデザインがあり、決めるのにかなり悩んでしまった。

仕事用のデスクに置くものは、一番は見やすいことが決め手である。

それなので、シンプルな白と黒のものにした。

スマートなデザインで、いかにも仕事ができそうな雰囲気である。

公私共に真面目ではあるが、仕事のできはどうだろうか。

まずは見た目からである。

そしてリビングに置くカレンダーは、明るい雰囲気の黄色いものにした。

こちらは離れたところから見るので、文字が大きく、かつ書き込みがしやすいものを選んだ。

やはり家族が集まるところなので、明るく温かみのあるのもがいい。

そう言うことを考えながら選んでいたら、気が付くと1時間もカレンダーの売り場にいた。

カレンダーひとつに自分でも驚いた。

しかし、一年を通して家に飾り、使い続けるカレンダーなので、やはり選ぶのは慎重である。

その甲斐あって、いいデザインのものを選ぶことができた。

あとはここに楽しみなイベントを書き込めるといいのだが。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*